猫背を矯正するには運動が最適!?挑戦したい3つの簡単ストレッチ

「猫背矯正を運動から始めるぞ!」「どんな運動が効果的なんだろう?」猫背矯正を考えている人はよく『運動が最適!』という記事を見るので、そんなことを思いますよね。私も猫背について調べた時によく見ました。運動は間違いなく、猫背矯正に近づいているのですが、いきなり筋トレで体を追い込んでも体を痛めてしまうことも。そこで皆さんにオススメする猫背矯正の第一歩はストレッチです!「どんなストレッチがあるんだろう?」そんな方は是非見て下さい!

 

 

 

姿勢がキープできない・・・

「猫背になっているわよ!」と、今まで生きてきた中で親御さんから注意されたことありませんか?

実は自分も、その中の1人です。

昔ながらの家で食卓がちゃぶ台の様な感じで育ったので、どうしても猫背になる癖がついてしまったのです。

座ることを美徳とする日本人ならではでありますが、あまりに合っていないテーブルなどを利用し続けていると、やはり姿勢が悪くなるのも無理はありません。

筋肉は体が歪んだ方向にどんどんついていきますし、何より老化します。

いくら「昔は運動をしていてイケイケだった」と過去の栄光に浸っていても、キープしないと年を取ってしまう…。

しかも現代はスマホやPCを日常で使うことが多いので、どうしても猫背になってしまう。

これを防ぐためにはやっぱり筋肉がなんだろうと思った私は、どうにかこうにかして猫背を矯正すべく、まずは仕組みを知りストレッチ運動をしてみることにしました。

 

どの筋肉が猫背の原因なのか?運動をする前に矯正レベルをチェック!

 

猫背を矯正したいと思っても、自分の筋肉の状態を知らないのにやみくもに運動をするとかえって痛めてしまいます。

そこでどの筋肉が猫背に影響を及ぼしているのかを、日頃の生活で意識する必要があるでしょう。

まずは「大胸筋」。

これは胸の広範囲にある筋肉で、猫背の人はかなりの確率でここが凝ります。

筋肉はゴムのようなもので、大胸筋が縮こまると当然肩甲骨側が伸びきってしまい肩が前に出て凝りが悪化していきます。

しかもそのせいで背骨回りもかたくなり、腰の動きも悪いので歩く姿勢も悪くなります。

こうなると体全部歪むのは時間の問題。

まずは大胸筋を押してみて、痛みを感じたらそこを意識してストレッチするのが良いですね。

因みに肩凝りの私は、大胸筋を押すと最初こそ激痛ですが、段々と痛みもなくなり背中が緩むのを実感しています。

次に大事なのが「大菱形筋」です。

これは背中側にある筋肉なのですが、左右の肩甲骨の間にあるもので、ここが固まると肩甲骨の動きを悪くします。

この筋肉も重点的にほぐし、ストレッチ運動をすることでより稼働率を上げましょう。

 

猫背を矯正する運動1.「大胸筋ストレッチ」

 

まずはやはり大胸筋のストレッチから始めましょう。

ここでポイントが1つ。

呼吸を意識することです。

ヨガなどを経験したことがある方もいるかもしれませんが、その際必ず必要なのが呼吸法です。

呼吸により運動の効果も変わってきてしまうと言われていますし、出来るだけ呼吸をすることを心がけましょう。

・鼻から吸い

・口から出す

このことが、とても重要となります。

呼吸は意識するものではないとは言え、意識しないと忘れていきます。

しかもストレスがあると浅くなると言われているので、しっかり呼吸しましょうね。

まずはとにかく大胸筋を伸ばしましょう。

この運動、簡単に出来そうに見えませんか?

確かに日頃からストレッチに励んでいたり、もともと体が柔らかい人ならそんなことはないかもしれませんがかなり辛いです。

実際に試してみましたが、背中が辛いというよりも肩回りの稼働率の悪さを痛感しました。

まさかこんなに腕が後ろにいかないとは思いもよらず、思わぬショックを受けています。

 

猫背を矯正する運動2.「大菱形筋ストレッチ」

 

さきほどご紹介した、肩甲骨の間にある大菱形筋。

こちらの筋肉がかたまっていると、腕はおろか首や骨盤にまで影響してしまいます。

そのため、できるだけここは柔軟にしておかないといけません。

そこでストレッチ運動をして、柔らかくするのが良いでしょう。

この動き、良く見かけませんか?

少し運動をしたことがある方なら、猫背矯正関係なく、大菱形筋を意識した運動をどこかでしているはずなんです。

猫背矯正に役立つのはもちろんですが、おそらく運動全般に関係しているのでしょう。

この大菱形筋は腕があげずらいという時にも、ほぐすと効果的。

猫背は背中だけが原因ではありません。

最初のきっかけは肩甲骨だったり、首だったり、骨盤だったりと、あらゆる箇所が原因となります。

まずは猫背を矯正しやすい筋肉を付けることが重要なんですね。

 

猫背を矯正する運動3.「太腿ストレッチ」

 

猫背を矯正するためには、背中の骨や筋肉が関係していると決めつけていませんか?

実は下半身にも原因がある場合もあります。

特に太腿の筋肉がかたくなっていると、歩行に支障が出るので腰痛を引き起こしやすくなってしまいます。

太腿の筋肉なんて猫背矯正に役立たないと思った方は、ぜひ太腿のストレッチをしてみまましょう。

脚が柔らかいとこんなに、猫背がすっと治るのかと実感するかたもいることでしょう。

実際に私は自転車に乗ることが多く太腿が痛くなるのですが、ストレッチしたら腰回りが楽になり背中が伸びています。

百聞は一見にしかずかもしれません。

 

ストレッチと猫背矯正は平行して!

 

確かにストレッチ運動をしないと、体はどんどんかたくなり、動きも鈍くなります。

そうなると怪我も増えますし、何より猫背がどんどん悪化されていきます。

そのことを防ぐためにも、是非猫背を矯正しするためにストレッチ運動を続けていくことがカギとなります。

実際に私はストレッチ運動をしていた時は、動きが軽く姿勢も良かったのです。

気になる方は挑戦してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る