猫背を治すカギは筋肉?!姿勢矯正に筋肉を上手に使う4つのコツ

「猫背を治すために筋トレから始めよう!」まずは筋トレから始める方は多いですよね。私も猫背について調べていると良く見かけたのが筋トレについてです。私は腹筋・背筋だけ気合入れてやっていたんですが、少し体を痛めてしまいました。猫背矯正=筋トレと考えている方は危険です!そんな方は是非見てください!

 

 

無意味な筋トレはしたくない

「猫背って何で起こるのか?」

「猫背の原因は何なのか?」

「猫背でどんな悪い影響が体に起こるのか?」

そんなことを調べるとネットには情報がたくさん載っていますよね。

その中で良く見かけるのが、筋肉強化についての内容ですよね。

確かに猫背は背中や腹筋の筋肉が無いと姿勢をキープすることが難しく、どんどん猫背になっていきます。

見た目にも悪く、凝りも発症する猫背は、治せればそれに越したことはありません。

猫背を治すには筋トレが良いと思いがちですが、そんなことはないんです!

間違ってトレーニングを続けていくと、身体が余計に歪んでいく可能性も・・・

 

猫背を治すのには筋肉の構造をしっかり知る事!

 

まず猫背を治すには筋肉についての働きや、構造をしっかり知ることが必要です。

一概に背筋や腹筋を鍛えれば良いと安易に思いがちですが、そんなこともありません。

まず人間は頭の重さがとても重いことを知っていますか。

頭だけで6キロ前後もあると言われており、その頭を支えるためにしっかり周囲の筋肉を付けていかないと首凝りや肩凝りが起きてしまうのです。

そのため猫背をそのままにしておきながら、必死になって筋肉を強化すると逆に痛めてしまいます。

筋肉を作る段階で猫背を治していない方は、当然そのまま運動を続けたって良い効果は薄そうです。

スポーツジムで水泳をしていた時、同じことをコーチに言われたことがあります。

体が歪んでいる状態だと筋肉がその形で付いていくので、運動と同じく矯正をしていくことも重要ですよと。

その時は「せっかくやっているのに!」とムッとしたものですが、今になるとその理屈も納得できます。

まずは猫背自体を改善していかないと、猫背を治すために始めたトレーニングもそこまで効果を得られないということなのですよね。

 

 

猫背を治すには筋肉のバランスを整える事が大事!

 

それでは猫背を治すために筋肉をどの様にしたら良いのか?

それはバランスを整えること。

いくら腹筋だけついても、背筋だけついても、筋肉のバランスが悪かったら余計に体に痛みを引き起こすことがあります。

これは逆に猫背を引き起こす可能性もあります。

腹筋だけを鍛えすぎて筋肉が痛くなると、前傾になってしまうからです。

背中の筋肉もお腹の筋肉も一緒に鍛えておかないと、しっかり猫背を治すことができないということ。

これだと筋肉鍛え損ですよね。

しかも痛みまで伴ってしまうという、最悪の状態が襲ってきます。

これを避けるためにも、是非筋肉のバランスを整えて効果を狙いましょう。

 

猫背を治すために、筋肉トレーニングとストレッチをミックス!

 

筋肉を鍛える事はとても意味のあること。

ですが、まず筋肉を柔らかくしないと正しい効果も出ません。

まずは筋肉の柔軟性を付けるために、ストレッチでほぐしていくのが良いでしょう。

このストレッチは自分で体の歪みを治す効果も期待されているので、より猫背を治すことにも繋がっていきます。

筋肉は体が歪んでいるとそのまま筋肉がついていってしまうので、出来上がった体は何と歪んだ状態で筋肉がついているという悪循環に陥ります。

これでは猫背を治すどころか、いびつな体になってしまいますよね。

そこでまずはストレッチで稼働率をUPさせ、その後に少しずつ筋肉を強化していきましょう。

 

日常で出来る「ながら筋肉トレーニング」で猫背を治す!

 

猫背に関する筋肉のトレーニングは、特別難しいことをする必要もありません。

仕事や家事が忙しい場合は、思っていても出来ない…そんな日もあります。

私は子育てや仕事に忙しいという思いっきり言い訳の理由を掲げ、「運動なんてできない」とこのダルっとした生活の説明をしています。

もちろんやろうと思えば出来ますよね。

でもやろうと思うまでは大変…「今日はいいや~」となってしまうんです。

そこでおすすめなのが、絶対日常ですることに「ながらトレーニング」を組み込んでみる事。

私が実際に実践して効果があったような気がする「ながらトレーニング」をご紹介しましょう。

  • 洗濯を干す時につま先立になる。
  • お風呂を洗う時に、太腿を上に上げてストレッチ
  • 食器を洗う時につま先立ち、またはスクワット
  • 掃除機をかけながらバランスポーズ
  • パソコン見ながら肩甲骨はがし
  • イスに座りながら腹筋

 

これだけ見ると、「えっ、無理」と思うと思いますが、習慣づけると結構やれますし一石二鳥。

忙しい主婦やビジネスマンにも、簡単に取り入れる事ができます。

 

筋肉の使い方は、あくまで猫背を治すサポート的なもの

 

猫背を治すために筋肉を強化したいという思いは誰にでもあるかと思いますが、実際には猫背を治すのは筋肉だけではありません。

内臓の動きや目線など、様々な要因があるのです。

そこで猫背を治すためではなく、あくまでサポートをするのが筋肉だという発想を大事にしましょう。

筋肉はサブ的な扱いで、メインはやはり姿勢を日頃から気を付けたり、ストレッチを柔軟にして血流を良くすることも重要なのです。

 

筋肉の役割を知ることが大事!

 

一概に筋肉トレーニングをすることが、猫背を治すということでもありません。

実際にしっかり猫背を治す過程を調べてから筋肉トレーニングをした私は、前より断然背中が伸びています。

日頃から姿勢を治しつつ、筋肉の効果を期待するのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る