猫背を治すとどんな効果が?今度こそ期待したい3つの改善法

「猫背治す為に色々試したけど、結局どれが効果的なのか分からない」「そもそも猫背は治るの?」そんな悩みを抱えている人は沢山いますよね。私もネットで調べまくって、いろんな方法を試した一人です。時間、お金を費やす猫背矯正に無駄なことはしたくないですよね。「とりあえず続けてみなよ」なんて周りの意見はなんの参考にもなんないですよね。そんな方は是非読んでみて下さい!

 

 

この方法はあっているの?

猫背の改善方法は、メディアなどでも良く取り上げられますよね。

それだけ猫背は世の中的に「良くないもの」とされているのでしょうが、日本人はもともとの筋力も関係していることもあり余計に猫背人口が高いのだとか。

私は昔格安旅行を楽しむいわゆる「バックパッカー」だったんですが、確かに海外旅行に行くと、欧米人などは平均的に姿勢が良い気がします。

姿勢が良い諸外国の多くの方は、猫背にならない何かをしているのでしょうか?

もし今自分がやっている猫背を治す方法が間違っていたら、効果が出ないまま変な姿勢になってしまうことも。

 

猫背を治す効果①ヨガやストレッチで筋肉を付けよう

 

猫背を治す最もメジャーな方法は、筋肉トレーニングです。

猫背になるのは背筋や腹筋の問題と言われています。

確かに姿勢の維持に重要なのは筋肉でしょうし、筋肉がないと座っているのも疲れますよね。

そこで言われている通り筋トレをしてみるのは、懸命かもしれません。

何より猫背を治すということはもちろんではありますが、実はそれ以外にも体への効果が期待できそうだからです。

まずはやりかた。

筋トレは正しくやらないと体を痛めてしまうと言われているし、実際に腹筋を間違ってやっていて腰を痛めたことがあります。

ぐきっといってしまう瞬間は「何で私だけ…こんな目に」と、世界で一番不幸なのではないかというほど背筋の無い自分を恨んだものです。

ですが実際には筋トレの仕方が悪かったんですよね。

私の経験上、まず背筋をつけて猫背を治すのであれば、床の間にヨガマットのようなものがあれば良いですね。

なけれな薄手のマットなどが引いてある場所なら良いでしょう。

これ実は衝撃を吸収するためなので、ないとまずいです。

その後は背筋をする時に、映画「ロッキー」方式で足をピンと伸ばして、もしくは誰かに足首に乗ってもらってなどとやっていると、まんまと痛めます。

特に筋トレ初心者の方は筋肉も固くなっているので、ヨガのようなスローな動きで筋肉に働きかけるのが良いでしょう。

ポイントは呼吸ですが、速く動くことだけが疲れるわけではなく、ゆっくり息を吐きながら筋トレすること。

それでは実際に猫背を治すために筋トレをしたことで、効果を発揮したひとはいるのでしょうか?

 

猫背と筋肉についての口コミを見つけました。

 

効果があったあどうかについて明言を避けている人も多いのですが、やはり筋肉をつけることと猫背は関係ありそうですね。

 

猫背を治す効果②普段の立ち方を変えよう編

 

猫背は習慣

しかも悪い習慣ですよね。

今猫背の人は急に猫背になったという人は少ないはずで、かなり昔から指摘されていた、または自分で気になっていたなどという人も少なくないはずです。

そんな習慣は特別に治すということではなく、習慣の中で治すということに注目するのがおすすめ。

まずは立ち方からです。

猫背の人が横から鏡を見ると、大抵首の下から腰までがぐにっと丸まっていて顎が前に突き出ています。

これだと本当に見た目も不格好ですし、血流的にもよくありません。

幼少期から考えると、かれこれ30年近く猫背の私はすでに筋肉もかたまっているのか、猫背を治すのに奮闘しても止めるとすぐに戻ってしまうの繰り返し。

筋肉は形状記憶シャツのようになっていて、2週間で記憶した体型に戻ってしまうことをご存知ですか。

例えば1ヵ月かけて必死で作った筋肉は、そのあとキープしないとすぐに戻ってしまうんです。

これを筋肉がついていることを当たり前だと体が認識するまでには、1年以上かかるそう。

つまり姿勢の良い立ち方を1年はキープしないと、1ヵ月やっては2週間休んだら元のままということですね。

考えただけで辛い現実です。

実際にやったこともありますが、2週間くらいで筋肉痛とも違う背中の痛みを感じたことがあるのです。

もともと猫背だった私は、筋肉が姿勢の最悪の状態でかたまってしまっているので戻ろうとしているということなのでしょう。

半年、1年やらないとこの筋肉の痛みは無くならないのかも….。

 

こちらで猫背と立ち方についての口コミをご紹介します。

・立ち方を治したら、少しだけ猫背と下腹部ぽっこっりが治った

 

効果についての口コミは少なくはなりましたが、自分で姿勢をキープすることが辛いということはわかりましたね。

 

猫背を治す効果③内臓の健康編

 

猫背と言うと骨が悪い、筋肉が悪いと思いがち。

ですが実際には内臓の健康状態にも関係があります。

また逆もありで、特に猫背は背中がちょうど曲がるところに胃や胆嚢などがあり、猫背になることでぎゅっと圧迫されてしまうのです。

内臓自体が弱っていたり、悪い場合もそれをかばうためにどんどん猫背になっていくので、まずは睡眠不足や栄養不足を感じてしまったら、暖かい飲み物・食べ物をとり消化を良くするということに努めましょう。

そうすると胃の働きが良くなり、自然に猫背を治す方法に繋がるかもしれません。

食事は結構効果あります。

もしも猫背で内臓を弱らせている場合でも、悪くなっているとどっちが先かという問題になりかねません。

まずは胃に優しい食事を心がけて、3週間ほどで効果を期待してみましょう。

食事で猫背を治す場合は、筋肉をつけるよりも実は効果が早そうです。

体は正直とはよく言いますが、まさにその通り。

 

・3日間お粥にしたら胃が楽で姿勢が正された気がする

・2週間程度消化に良いものをとるようにしたら、身体が軽くなって上半身がすっとしている。

 

など実際に体験した声もあります。

 

猫背矯正は続けること

 

日本人にとても多いとされている猫背ではありますが、治す方法もありそうですね。

ただ根気が必要ですし、毎日きちんとしていないと難しいということがわかりました。

実際に猫背を治すためにありとあらゆることをしている私ですが、少しずつ効果ありと実感はしています。

本当にやる気があれば、なんでもやれるんですよね。

もしも気になる方はぜひ試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る