猫背を治すために背筋を伸ばす前に背筋をつけて!筋力をUPさせる3つのコツ

「背筋を伸ばすように意識しよう!」「背筋伸ばしているけど続かない」猫背を治そうとしている人が初めに意識するのが背筋ですよね。私も背筋(せすじ)を意識していたんですが、伸ばそう伸ばそうとはしているものの、気付いた時には猫背に。その原因は自分の背筋(はいきん)の無さでした。「背筋のトレーニング?」「そもそも背中の筋肉って何?」初めはみんなそう思いますよね。そんな方は是非見て下さい!

 

 

 

背筋がないのは致命的

猫背と筋力の関係性はとても重要なのですが、中でも背筋ってかなり大事なんです。

そんな背筋は結構簡単につくのですが、なくなるのもすっごく早いんです。

私は昔ジムでひたすら泳ぐ生活をしていて、あっという間に背筋がついて痩せた様にも見え気分も最高でしたが、子供が生まれていかなくなってからまんまと背中の筋肉もだるっとしています。「こんなにすぐ脂肪になるの!?」と驚いたものです。

背中に筋肉がないと姿勢が悪くなり、お腹もぽっこり。

全体的に太って見えるという最悪の感じになっていきますよね。

そこで是非背筋を効果的につけ、猫背はもちろんですが下腹部のぽっこりも防いでいきたいと思っています!

 

猫背を治すために必要な背筋にはどんなものがあるの?

 

猫背を治すために必要な背筋とはいえ、実は種類があります。

それぞれ場所や特徴も違い、鍛え方も当然変わるんですよね。

まずは背筋を鍛えるために、背中にどんな筋肉があるのかを知識として知ることが重要となります。

まずは「僧帽筋」

この僧帽筋が弱いと肩凝りや首凝りの原因になるとも言われており、とても重要なものになります。

マッサージでほぐしているのは、この筋肉であることがほとんど。

場所は首から肩、肩甲骨周りについている筋肉で、肩を動かす時に使ったりするんです。

ここを良くストレッチしたりすると肩凝りが解消されることもありますね。

 

次に「広背筋」

この筋肉が背中の中で一番面積をとっているものになり、ちょうど脇の下あたりから腰の付け根あたりまで三角形で広がっているものになります。

水泳などで鍛えている人が「逆三角形」と言われる体型になっているのは、ここがかなり鍛えられてしっかりしているとウェストも細く見えるのです。

この広背筋がないと体を支えられなくなり、猫背になりやすくなっていくので気を付けましょう。

最後が「背柱起立筋」

この筋肉は腰を守る筋肉であり、猫背を治すのを支える筋肉と言っても良いでしょう。

この筋肉が無い状態で猫背を治すトレーニングを行っても、意味はないと言われているほど。

ですのでここの筋肉が無いのに無理やり筋トレをするのは控えて下さいね。

まずはここまでは猫背を治すのに必要な背筋たちです。

 

猫背を治す基礎の背筋トレーニング「バックエクステンション」

それでは猫背を治す際に必要な背筋は、どの様に鍛えるのが良いのでしょうか?

まずは難しいことをやる前に、先ほどご紹介した筋肉の基礎運動を身に付けるのが最初にやるべきこと。

これを怠ってしまうと、身体を無駄に痛めてしまうことになるからです。

しかも簡単で思い立ってすぐに出来ない運動だと難しくなってしまいます。

まずご紹介したいのが「バックエクステンション」

これは自宅で手軽にできるエクササイズとして有名ですが、どの様なものなのでしょうか。

まずこれで腰を支える「背柱起立筋」を鍛えて、土台を作りましょう。

しっかり猫背を治す背筋の基礎をかためていきます。

バックエクステンションをうまくいかすコツは、ゆっくり動作を行う事。

息を吐きながら筋肉を動かすのを意識していくのが良いとか。

 

猫背を治す基礎の背筋トレーニング「スワンダイブ」

 

最近女性に流行っている背筋トレーニングの「スワンダイブ」をご存知ですか?

女性に猫背が圧倒的に多い理由は、特有の筋力の無さからなのです。

元々筋力がないためトレーニングをすることも、中々大変になってしまうのが現実。

そこでおすすめなのがスワンダイブです。

基本的に両腕を折り曲げて床に付けているので、無理な運動をしている感じが薄いはず。

しかもこれ、下腹のぽっこりにも効くそうなので、どちらも悩んでいる方にはぴったりの簡単エクササイズなんです。

実はこれを気が向くと行っているのですが、中々背中がすっきりしておすすめ。

しかも無理そうな運動ではないので、手軽にできるのが良いんですよね。

猫背を治す基礎の背筋トレーニング「ヒップリフト」

 

猫背を治すトレーニングで大事なのは背筋ですが、実はヒップトレーニングも関係しています。

これを「ヒップリフト」と言うのですが、太腿の筋肉なども鍛えることができ下半身をしっかりさせることができるのです。

トレーニングと聞くとちょっと苦手…なんて人もいるかもしれませんが、実はこれはビギナーでもやりやすく続けやすいのが魅力です。

やっぱり気軽に自宅でできて、テレビでも見ながらのトレーニングが負担もなくて続きやすそうですね。

お風呂上りの体が柔らかい時などに行うと、より代謝がアップしておすすめ。

一見猫背を治すことに下半身は関係なさそうですが、土台をしっかりさせておくと自然に上半身のスタイルも美しく映るものなのでしょう。

体を支えるのに、太腿とふくらはぎの力はとても重要です。

歩行時の姿勢のキープにも、またヒップのスタイルも維持できるのでぜひヒップリフトを試してみましょう。

 

背筋は猫背矯正の第一歩

 

猫背を治すために重要であるという背筋は、いきなり難しいことをしてしまうと体を痛めてしまい腰痛を招く可能性も。

まずはゆっくり筋肉を動かすことを意識しつつ、呼吸を大切にして運動するのがポイントです。

背筋運動を始めると、猫背を治す良い機会になることは間違いありません。

実際に試すともちろん筋肉がつくこともですが、それ以前に筋肉トレーニングをすることで姿勢への意識も変わり日常でも気を付ける様になったんです!

やらない手はありません!是非参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る