猫背の原因は筋肉の衰えの可能性あり!改善したい4つの方法

「最近太ってきたかな?」「なんだか背中がだるい」と体の不調が気になる方はいますよね。その原因として「筋肉の老化」があります。筋肉は鍛えないと衰えてしまう一方…。私が30半ばに差し掛かった時に筋肉の衰えを感じる瞬間、それは電車に間に合わなくてダッシュする時です。急な走りに対応できず、身体が重いこと重いこと。この筋肉の衰えこそ猫背の原因になってしまいます。姿勢を維持するのに必要なのはやはり筋肉なんですね!しかし猫背とどこの筋肉が関係しているのか、想像もつかない方が多いですよね!そんな方はぜひ見て下さい!

 

 

 

若い頃は…

恐るべし!筋肉の衰えが原因で猫背を引き起こす事実

それは猫背が原因によるものかもしれません。

体型の変化は年齢のせいだったり、ホルモンのせいだったりと様々。

足の筋肉の衰えと身体が運動モードになっていないので、「若い頃は…」とついつい愚痴りたくなってしまう恥ずかしい私です。

やはり体の基本は筋肉であり、それが無くなると当然姿勢の維持が難しくなってきますよね。

猫背になるとダらっとして見えるし、今の年齢よりも老けて見えてしまいます!

 

猫背の原因は、背中の筋肉の衰えだった!

 

やはり猫背の原因となるのが、背中の筋肉の衰えです。

背中についている筋肉は体全体を支えていると言っても良いほど重要で、この筋肉がついていると疲れにくいとも言われています。

体重が変わってないのに背中をつまんで肉がつかめる様だと、筋肉が衰えてきている証拠。

その肉を再び筋肉に変えないと、猫背がどんどん悪化する上、太って見えてしまいます。

だからといっていきなり背筋を鍛えると、背中を痛めてしまうこともあるのでほどほどに。

あまりに激しい背中の筋肉のトレーニングは、床の間でやったりすると反発しないので腰にも首にも良くないそう。

ストレッチやヨガなどを取り入れた運動からしていきましょうね。

猫背の原因は、お腹の筋肉の衰えだった!

猫背の原因として、お腹の筋肉の衰えもあげられます。

お腹の筋肉はとても大事なもので、猫背以外にも重要となりますね。

特にぽっこりお腹などが気になってきたり、下腹の脂肪が気になっているなどの方は腹筋の衰えを疑ってみてはどうでしょうか。

また女性は子宮があるため、お腹の筋肉が無くなると血流が悪くなって生理痛などの元であることも。

さらに出産をする場合などにも腹筋は重要であり、女性の体を支えているものだと言っても良いですね。

また忘れてはいけないのが猫背線の存在。

お腹を見せることはないにしても、女性にとって体に色素沈着ができるのが避けたいところです。

お腹の筋肉がついていれば皮膚がしっかり張っているので、できたシワが定着することを避けられますよね。

 

猫背の原因は、太腿の筋肉の衰えだった!

 

普段あまり気にしていない方もいるかもしれませんが、太腿の筋肉はとても重要です。

太腿の太い人は長生きするというジンクスがあるほど、太腿は体を支えているのです。

もちろん歩行時にも必要ですが電車などで立っている時も太腿の筋肉がないと片方に重心をかけてしまい、何かに寄りかかったり猫背になってしまうのでしょう。

待ち時間に両足で立っていのが疲れるという方は、自分の姿勢をチェックしてみるのもおすすめ。

お尻が後ろに下がり首が前に出てしまっている、典型的な猫背になっている可能性があります。

実際太腿の前の筋肉が衰えたと感じている私なのですが、最近は疲れを著しく感じています。

足が疲れたというよりは、体重のかけかたや体型の変化で太腿に痛みが出る様に。

しかもやはり猫背なんですよね。

少しの間だけでも猫背を意識している時は、腰がしっかり立っている感じがして負担が少ない様な気がします。

このことからも、太腿の前を中心に筋肉をつけるのが良いかもしれません。

また太腿の後ろ側をストレッチで伸ばすと、より稼働率がUPするので足元の柔軟性があがります。

 

猫背の原因は、ふくらはぎの筋肉の衰えだった!

 

ふくらはぎも太腿と同じく、人間にとって重要な筋肉があります。

良く言うのがふくらはぎは第二の心臓であるということ。

確かにふくらはぎが重かったり浮腫むと、身体がだるくて全体的に体が縮こまってしまいます。

そうなると猫背まっしぐらで、まるで昔話に出てくるおじいさんがおばあんさの様。

ふくらはぎの筋肉が衰えると血流が戻らなくなり、どんどん浮腫みが悪化してしまうんです。

しかも下半身なのに上半身に多大な影響を与えることに。

是非ふくらはぎの筋肉をつける、またはマッサージなどでほぐすことが重要となりますね。

ふくらはぎは柔らかくしておかないと、身体に悪影響を及ぼします。

そしてまた血液を送る役割をしている血管の手伝いをするのが、筋肉なのです。

いわゆる、ポンプの様なものということ。

だからこそ足裏マッサージの施術の後に、上半身も楽になったような気がするのは気のせいじゃなかったんですね。

体に血液を送ることは、酸素を送ることにもなります。

疲労は酸素が少なくなると起こるので、呼吸も浅くなるため猫背になるのでしょう。

是非ふくらはぎの筋肉を鍛えることをおすすめします。

 

筋肉の老化を防いで猫背予防

 

背筋や腹筋の衰えはわかりますが、下半身の衰えとなると疑問に思う方もいることでしょう。

ですが下半身がしっかりすると、自然に骨盤が立ち猫背も解消してきます。

また逆もしかりで、猫背を予防し姿勢を正していくと下半身がの負担が減り、疲労しにくくなるはず。

実際にふくらはぎを動かした後は血流が良くなり、身体がシャンとする気がしました。

人間の体はどこか一部が原因で猫背になるというよりも、全身が関係しているのだなと痛感しています。

ぜひ体の筋肉の衰えを防いで、猫背を正していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る