猫背は身長が伸びない原因だった?背が縮む4つの原因

「なぜ歳をとったら背が縮むんだろう」「猫背って背を損しているよーな」皆さんも一度は疑問に思った事がありますよね。私も「歳とっても背が縮んでない人もいるし、何が違うのだろう?」と長年の疑問でした。背をとっても背は縮みたくないですし、腰を曲げて歩く姿勢にはなりたくないですよね!「歳をとったら避けられない道だ」と決めつけるのは早いかもしれません!今からしっかり気をつける事ができれば防ぐ事が出来るかもしれません!「歳をとっても綺麗な姿勢でいたい」そんな方は是非見て下さい!

 

 

あと少し…

皆さんも一度は疑問に思ったことがあるのではないでしょうか?

なぜ、歳をとると背が縮むのか⁉︎

歳をとっていなくても、実は皆さんすでに身長で損しているかもしれません!

まず、加齢による身長の現象には、原因が4つあるとされています。

  • 加齢による水分の減少
  • 骨粗しょう症による背骨の変化
  • 加齢による筋力の衰え
  • 生活習慣による不良姿勢←つまり猫背です

皆さんが歳をとったときの為、またはすでに損している身長を取り戻す為に、今できることは、生活習慣による不良姿勢、つもり猫背を正すことです!

それでは、他の3つの原因の解説と、猫背を治す方法を探って行きましょう!!

 

なぜ人は加齢と共に背が縮むのか?

加齢による水分の減少

人間の体の水分量は子供が70%なのに対し、老人は50%にまで減少してしまいます。

これによって、背骨の椎間板の水分量も減少し、厚みがなくなり、身長が低くなってしまいます。

骨粗しょう症による背骨の変化

骨粗しょう症は骨がスカスカになってしまう病気です。

これにより、椎体が圧迫骨折を起こし、椎体の厚みが薄くなって、身長が低くなります。

さらに、背骨の変形も身長が低くなることの原因です。

加齢による筋力の衰え

腹筋や背筋などが衰えることで、骨盤や脊椎を支えられなくなって、姿勢が悪くなり、身長が縮んでしまいます。

生活習慣による不良姿勢←つまり猫背です

猫背などの背骨が歪んでしまうことが原因で姿勢が低くなってしまいます。

姿勢が悪いことで、身長が最大で5cmも変わるとも言われています!

Let’s 猫背改善!!!

 

ではまず、良い姿勢とは?

今座っている方はその場でお試しください。

おへそを少し突き出して、お腹を凹ませます。そして斜め45度を見てー、顎だけ引く!はいっ!!今良い姿勢です!!

これが良い姿勢と呼ばれる姿勢です。

ぜひ心がけてください。

 

筋肉を鍛えるよう!!

めちゃめちゃ鍛える必要はありません!

毎日継続できるくらいの軽い運動をして少しずづ鍛えましょう。

ウォーキングや体操など、足の内側を鍛える運動をしましょう!

猫背を矯正しちゃおう!!

胸を開く

肩の高さまで腕をあげて、肘を上に直角に曲げる。手のひらを外側に向けて胸を開く。20秒かけて、5セット行いましょう!

肩甲骨を動かす

ズボンの後ろポケットに両手を入れるようにお尻に手をおき、両方の肘を寄せていきます。この時、肩を動かさないように、腰が反らないように注意いてください。これも20秒かけて、5セット行ってください。

ストレッチポールを使う

円形状のストレッチポールに寝て、手足を動かすことで、体の重みを使ってストレッチ!!

姿勢は第一印象の大半を占めている

 

猫背の人が身長を損していることは、皆さんも想像できると思います。

姿勢が悪い人は身長以外にも多くのことに関して損をしてしまっています。

例えば、第一印象は見た目が55%を占めていると言われています。その中でも姿勢は1番重要なんです。

猫背であるがために第一印象が下がってしまうなんて勿体無い!

この機会にぜひ皆さんも猫背と向き合ってみて下さい^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る